を知る PERSON

お客様としっかり向き合うことで、 他社とは違うサポートができる。

FUMITO IMANISHI 今西 史人
営業部/ 2017年入社
REASON

ツカサに入社した理由

きっかけは本社の所在地が地元京都だったことです。就職活動で会社を知っていく中で、業界最大手のメーカーの代理店として、全国一位の販売実績があるということに魅力を感じました。会社の成長性や安定性が高いのではと考え、入社を決めました。

WORK

現在の仕事の内容

基本的な業務は得意先から受注し、メーカー側へ発注することです。主な得意先は内装業者や職人さんということになります。担当している得意先は全部で150社ぐらいになりますが、主な得意先に向けて、新商品情報を提供したり、業務のサポート(現場工事や商材配達)をすることもあり、これが基本業務を円滑にするために重要とだと思っています。

1日の流れ
  • 前日夜から朝にかけて受注したものの発注業務保
  • 朝礼
  • 訪問営業、得意先や現場を訪問、電話対応
  • 帰社
  • 日中に発生した事務作業、明日の予定の段取り
COMMITMENT

仕事上のこだわりやモットー

行動の迅速さを一番に考えています。日々、たくさんの業務を捌く必要があるため、回答や対応を滞らせてしまうと、あらゆる方面に悪影響がでます。ですから、1時間かけて正解がわからない対応をするなら、10分行動して、たとえ間違えてしまっても20分で正解に導く方が良いと考えています。また、ツカサで扱っているものは、他の代理店でも基本的には買えるものです。その中でツカサを選んでもらうためには、商品や金額以外で差をつくらなければいけないと思っています。そこで必要になるのは、お客様としっかり向き合い、求められていることをサポートすることです。例えば、お客様が現場でトラブルが起き、急に資材が必要になった時に、配達エリア外でも様々な手段で納品する方法を模索するなど、プラスワンの希望にお応えすることが、ツカサを選び続けていただく、理由につながっていると考えています。

GROWTH

仕事の中での苦労や
工夫したこと

入社して間もない頃、現場で寸法を測り、必要なものを必要な分だけ発注するという業務を任されました。必要な材料を計算し、現場に納品するという仕事だったのですが、それに付随する必要材料(糊や施工用具)を見逃していたため、工事が止まってしまったことがありました。先輩に相談したところ、寸法を口頭で伝えただけで、必要なものの数量を算出し、最短時間で手配できる方法を教えてもらいました。結果として、迅速に納品することができ、お客様にもなんとか工期内で工事を完了していただくことができたのです。この経験を通じて、ミスをしたとしても、いかに早くフォローするかが大事であることを学びました。また、わからないことや未経験のことは、先輩や上司に相談する必要性を痛感した出来事でもありました。

CHALLENGE

今後の目標、
仕事上で挑戦したいこと

現在の営業所では、先輩と後輩の比率が同じぐらいになりました。今後は自分の経験を基に、後輩が躓きそうな点を先回りしながら、実績を伸ばしてあげられるような動きをしてきたいと思っています。後輩を引っ張りながら、自分も成長していけるように視野を広げていきたいです。

ワークライフバランス

暦通りに休みが取れるので、オンとオフはしっかり分けています。最近ウサギを飼い始めたので、世話をしたり遊んだりしていることが多くなりました。また、テーマパークやレジャー施設が好きなので、休日はなるべく計画を立てて、出かけています。

MESSAGE

自分のスタイルを磨きながら伸び伸び働ける環境です。

形式張った堅苦しさのない会社なので、新入社員でも伸び伸び働けると思います。そうかといって、放任主義ということもなく上司がちゃんと見てくれているので、自分で判断する能力を磨きながら、前に進んでいる感じです。もちろん、上司からの指導もちゃんとあります。
インテリア業界と聞くと、華やかなイメージかもしれないですが、ツカサでは完成品よりも製作過程に携わる機会が多いので、泥臭い場面も結構あります。このあたりを理解して、得意先と一緒に現場を仕上げていくことにやりがいを感じられる人なら、充実したワークライフを送れるのではないかと思います。
扱っている商品は本当にたくさんありますが、商品知識は入社後の研修やメーカー様のプレゼンテーションなどでしっかりと学ぶことができます。また、入社直後は先輩と同行し、現場に触れる機会も多く設けられているので、安心して働けますよ。

  1. 採用情報
  2. 人を知る
  3. 営業部/ 2017年入社