PERSON社員を知る

営業職

山口 俊郎

1994年 入社
営業部 部長

社員に背中を見せるために
プレイヤーにもなる

QUESTION01

入社の決め手は何ですか?

入社当時、インテリアが注目されていた時代の流れもあり、ツカサは急激な成長を遂げていました。会社に将来性を感じたことと、地元関西で働きたいと思って入社を決めました。

入社の決め手は何ですか?
入社の決め手は何ですか?

QUESTION02

仕事内容を教えてください。
また、ツカサの強みはなんだと思いますか?

10年前、営業所を開設するにあたり、部長に就任しました。管理職として営業所運営を主な仕事とするかたわら、自分で営業もしています。社員を指導するにあたり、営業をしていないと勘が鈍ると考えているからです。社員に背中を見せる意味でも、自分もプレイヤーとしての意識を持ち続けることが大切だと考えています。
当社の強みは、社員に裁量を与えてくれることです。会社が成長過程にある中で、自由にやらせてもらいました。失敗も多かったですが、その分学ぶことも多く、今では若いうちにたくさん失敗して良かったと思っています。様々なことを糧に現在では大きな売上げを営業所として残すことができています。

仕事内容を教えてください。また、ツカサの強みはなんだと思いますか?
仕事内容を教えてください。また、ツカサの強みはなんだと思いますか?

QUESTION03

仕事をしていて、「楽しかったこと」「辛かったこと」は何ですか?

楽しいエピソード

社員が成長していく過程を近くで見られることです。数字を上げてくれることはもちろんですが、日常で会話をした時に、思った以上に頼もしい回答が返ってくると嬉しいですね。

辛いエピソード

荷物が重いとか仕事が立て込んでいるとか、体力的にしんどいと感じることはありますが、辛いと思ったことはないです。

QUESTION04

仕事をする上で、大切にしていることは何ですか?

「水臭い仕事はしない」をモットーにしています。お客様に商品を売る時は、自分の友達に物を売るような気持ちで、親身になります。お客様は自分の鏡だと思っているので、日々全力で誠意がある対応を心がけています。
また部下に対しては、ある程度の事はそれぞれの意志でもって行動させています。といっても放任主義ということではありません。営業所全員で向かおうとしている方向から大きく外れそうになった時には、叱咤することもありますが、色々な性格の人がいることを理解し、長い目で見るようにしています。

QUESTION05

仕事のモチベーションとなっていることは何ですか?

子供の成長と自分の成長です。子供は変わっていく過程を見ているのが楽しいです。自分については、人に何かを教える立場なら、自己研鑽が必要だと思っているので、学び続けることを忘れないようにしています。本を読むのもその一つ。1か月に4~5冊程度は読みますね。

仕事のモチベーションとなっていることは何ですか?
仕事のモチベーションとなっていることは何ですか?

QUESTION06

教育・研修制度の充実度はいかがですか?良い点、悪い点共に回答ください

良い点

新人の時は、本社で研修があるのですが、そこで同期との繋がりが持てるのが良いところです。また社員旅行でも社員同士の繋がりが生まれています。

悪い点

当たり前の話ですが、新人研修は実体験が伴っていない分、なかなか現場で即戦力とはいきません。営業所に配属され、仕事をしていく中で、学んでいくことがほとんどです。もう少し商品知識を養う機会が多くなれば良いですね。

QUESTION07

ツカサの社風の魅力はいかがですか?

若い社員も多く、社員同士も協力できるところですね。例えば、営業職には、荷物搬入などの仕事もあるのですが、協力し合いながらやっています。

ツカサの社風の魅力はいかがですか?
ツカサの社風の魅力はいかがですか?

QUESTION08

どんな人と働きたいですか?
学生への就活アドバイスもお願いします。

素直で前向きな人と働きたいです。諦めが早かったり、指示の範囲内でしか動けない人もいたりしますが、最初はわからないのが当たり前。「色んなことを経験しよう」という気持ちで積極的に取り組み、素直にわからないことは聞いて、成長していってもらいたいと思います。

QUESTION09

5年後はどうなっていたいですか?

仕事上

自分のやり方をマイナーチェンジしながら、新しいことにも挑戦していきたいです。

プライベート

体力をつけて、ハーフマラソンくらいは楽に走れるようになっていたいです。