WORK STORY仕事を知る

笑顔のために、期待を超えて

営業職キャリア採用

Work Story 02

毎日の積み重ねが
お客様との
つながりを強くする

毎日きっちりと
仕事を積み重ねる

ひっきりなしにかかってくる電話、
毎日、新しく覚えることがあるほどの商品数。
「仕事に追われているな」と思うこともあります。

でも、元々せっかちな性分なので、追われているくらいが丁度いいのかも。
段取り良くこなせば、今日のことは今日で終わらせることができます。
その一つひとつ積み上げていく感じが気持ち良くて、好きです。

例えば、仕入元のメーカーごとに1日の注文を締切る時間が異なります。
その段取りを一つ間違えると、職人さんの仕事の段取りにも関わってきてしまう。
「そんな、せかせかせなあかん?」って思うこともありますが、
たくさんある会社の中から、同じ商品をわざわざ自分から買ってくれると思うと
その期待に応えたいと思います。

それに、毎日きっちり仕事をしていれば、成果として返ってくると実感しています。
自分にはこの仕事が向いていると思っています。

竹本 功治

2011年入社
営業部 主任

量販店でカーテンを販売していた前職の経験を生かしながら、営業職として活躍したいと思いツカサへ。
ツカサは、お客様にも社員にも利益を還元するという
意識の高い会社だと思います。

給料をもらうからには
全力で仕事する

営業職を希望して、ツカサに入ったのですが、
実は、かなりの人見知りで・・・。
基本的には一人でいることが好きです。

この仕事は、人と人とのつきあいが大切。
そのギャップの中で、私がしているのは、「仕事スイッチ」を入れることです。
仕事であることを意識すると、自然とモードが切り替わります。

それができるのは、自分の根底にある気持ち。
「仕事があるから、生活ができる。給料をもらっているありがたみ、責任を感じて、それに応える仕事を全力でする!」

職人さんから頼られ、信頼されるにはどうすれば良いかを常に考え、行動しています。

Hobby

趣味:麻雀、競馬

趣味:麻雀、競馬

「あはは」と笑い飛ばす
所長のような広い心で

空き時間には、仕事の話以外に他愛もない話をしてリラックスしています。
営業所内は、若手も多いですし、温厚な上司の方ばかりなので
人間関係が良く、過ごしやすいです。

特に所長は、とても心が広い人。
「私だったら絶対に怒っているな」と思うミスをしても怒らない。
怒らずに部下に教えるというのは出来そうで出来ないこと。
この人を困らせたくないな、とつい頑張ってしまいます(笑)。

所長の仕事を見ていると「経験値が違うなぁ」と思いますし、
どんなことがあってもきっと何とかしてくれるのではないかと安心します。

同じ出来事を見たり聞いたりしても、自分には見えないことが所長には見えているような気がします。
将来的には、自分もそうなっていたいですね。

Dream for the future

もう少し社交的になりたい

時には家族に対しても人見知りしてしまうほど(笑)仕事モードでは頑張れるのですが・・・。もう少し社交的になりたいです!