ウインドウトリートメント

WINDOWTREATMENTS

タテ型ブラインド/バーチカルブラインド 

タテ型ブラインド/バーチカルブラインド 
(左)ニチベイ アルペジオ センターレーススタイル ミックスルーバー
参照:ニチベイ「バーチカルブラインド アルペジオ」見本帳
タテ型ブラインド/バーチカルブラインドの特徴

タテ型ブラインド/バーチカルブラインドとは、主に布製でできた細い帯状の生地(ルーバーまたはスラットと呼称)を垂直に並べ、ルーバーを回転させたり、左右に開閉するウィンドウトリートメントです。

すっきりとした印象の縦ラインが美しく、スタイリッシュにまとまり、ボリュームのあるカーテンなどが苦手な方におすすめです。掃き出し窓など大きな窓に良く映えます。

ロールスクリーンと共通生地もあるので、同一生地で小窓はロールスクリーン、掃き出し窓はタテ型ブラインド/バーチカルブラインドといったコーディネートも可能です。また、シースルー生地には外から部屋の中が見えにくい“ミラーレース※”もあり、大きな窓でも安心です。

※メーカーによって取り扱いの有無は異なります。

デメリットとしては、カーテンなどに比べると保温性に劣ることや、強い風などでルーバーがバラバラになびいてしまうことなどが挙げられます。
 

シングルスタイル

不透明生地またはシースルー生地1種類で構成されたスタンダードなスタイルです。

操作もシンプルで、見た目もすっきりとした印象です。

トーソー デュアル100 色柄:TF-5180 チャコール
参照:トーソー「バーチカルブラインド」見本帳

 

アンサンブル(タチカワブラインド製品)/センターレーススタイル(ニチベイ製品)

1台に不透明生地とシースルー生地を交互に配し、ルーバーの回転で不透明生地とシースルー生地を切り替えるスタイルです。

不透明生地と不透明生地の間にシースルー生地があることでプライバシー性を確保し、外からの視線を気にせず眺望を楽しむことができます。

■不透明生地を全閉した状態         ■シースルー生地の状態          ■全開の状態

  

参照:タチカワブラインド「タテ型ブラインド ラインドレープ」見本帳

 

ツーウェイ(タチカワブラインド製品)

1台に不透明生地とシースルー生地を左右に配し、カーテン感覚で不透明生地とシースルー生地を切り替えるスタイルです。

■不透明生地を全閉した状態          ■切り替え途中                ■シースルー生地の状態

  

  参照:タチカワブラインド「タテ型ブラインド ラインドレープ」見本帳
弊社取り扱いメーカー 50音順 「」内は見本帳名

sangetsu

「Sanwinc 2015-2019」

詳しくはメーカーWebサイトをご覧ください。https://www.sangetsu.co.jp/
 

タチカワブラインド

「タテ型ブラインド ラインドレープ」

詳しくはメーカーWebサイトをご覧ください。https://www.blind.co.jp/
 

トーソー

「バーチカルブラインド」

詳しくはメーカーWebサイトをご覧ください。https://www.toso.co.jp/
 

ニチベイ

「バーチカルブラインド アルペジオ」

「popola2」

詳しくはメーカーWebサイトをご覧ください。https://www.nichi-bei.co.jp/